ミッフィー大好きブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィーン・シェーンブルン宮殿オーケストラのニューイヤーコンサート(宗像ユリックス)

<<   作成日時 : 2018/01/14 00:59  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行って来ました❗
画像

画像

画像

画像

☝曲目はこんな感じ。

でも曲が変更になったり曲順が変更になったりしてました。
しかも指揮者が体調不良のため、代わりにコンサートマスターが指揮しながら演奏するという!
指揮者の場所にバイオリン持って立って、指揮者のいないバイオリン協奏曲状態!
金返せって客もいそうだけど、私はこんな珍しいものが見れて逆に良かった🎵
演奏は普通にできてました。
指揮に専念したいところは演奏せずに指揮して、指揮しなくていいところは演奏して。すごいなあ。
しかも観客への拍手のあおり方もすごい上手❗プロや〜🌠
パンフレットの写真のような人数ではなく、20人ほどの最小限のオーケストラでしたけど迫力ありました。
打楽器なんて一度にいろいろやるから、ドラムのように足でシンバル鳴らしてました。しかも小さいオーケストラ仕様か、小さなシンバル🎵

私は行くまではそんなに楽しみ〜て感じじゃなかったけど、聴いたらすっごい楽しくて、時間過ぎるのすごい早かった❗
いつも思うけど、生は違うなー。いつもラジオばっか聴いてるから耳がそれになってるというか。
楽器ごとの音の違いがすごくわかるし、やはり美しい。立体的。少しばらつきがあっても聴いてて楽しい!
曲目は、器楽曲はやはりヨハン・シュトラウス中心でよく知ってるけど、歌はよく知らなかった。けどアンコール3曲も含めて全部良かった✨
特にレハールの歌劇「ジュゼッタ」のアリアは、声の伸びが美しくてうっとり幸せ〜。
ピチカート・ポルカはCDで聴くと単に音が小さくてつまんない曲だったけど、生で見るとにかく技術のすごさにお〜てなるし、素朴でかわいらしくて、チターのような民族的な感じがザ・オーストリア!とても盛り上がる曲です。
アンコールの最後でラデツキー行進曲が演奏されたのが嬉しかったなあ🎵
ニューイヤーコンサートって初めて行ったけど、すごくハッピーな気分になりますね☀行くもんですね。
「シェーンブルン宮殿オーケストラ」っていうネーミングがまたいい。みんなシェーンブルン宮殿から来ました!って外見。😁
みんな笑顔で目くばせしながら楽しそうに演奏してたのが印象的。 どうやったらこんなに笑顔で弾けるんだろってくらい。
私なんかいつも緊張して余裕がないから、仏頂面で演奏してるもんなあ💨こんなふうに演奏したいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィーン・シェーンブルン宮殿オーケストラのニューイヤーコンサート(宗像ユリックス) ミッフィー大好きブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる